トピックス

電気自動車研究部にレーシングシュミレータの開発を行っているLAPSより、白石勇樹氏が来校しました

令和3年3月3日(水)

本校の電気自動車研究部にレーシングシミュレータの開発を行っているLAPSより、白石勇樹氏が来校されました。

昨年の12月24日に堺市にあるLAPSに本校の電気自動車研究部が訪問し、レーシングシミュレータの説明や体験走行をさせていただきました。このシミュレータでは、世界中の人と対戦することが出来る他、各コースの精度も高く、実際のコースや車両とほとんど差がないというものです。近年では、シミュレータを通してプロのレーサーが誕生しています。電気自動車研究部の部員達も恐る恐るコースを走行し、実際のレーシングカーの動きを身をもって知ることが出来ました。

 

今回は、本校の電気自動車研究部の活動に興味を持ち、来校されました。製作した電気自動車について説明させていただいた後、実際に乗車してもらいました。レーシングカーやプライベートでも電気自動車に乗車される白石氏ですが、本校の電気自動車の目線の低さや部員の運転技術に驚いていました。また、全て手作りされていることや、日々改良を加えている点についてもお褒めいただき、今後の活動に気合いが入りました。

今年度は各大会が中止または規模縮小となり参加できませんでしたが、来年度は多くの大会に参加し経験を積みエコデンレースでの優勝を目ざし頑張っていきます。引き続きご声援よろしくお願い致します。