学校法人 浪工学園 星翔高等学校

#

平成29年度 第77回 計算技術検定 結果

■2017.12.12 火曜日

 計算技術検定は全国工業高等学校長協会か主催する検定試験です。この検定は工業系の計算をポケコンや関数電卓を使用して時間内にどれだけ正確に行えるかが試験されます。


第77回 (11月実施分)

  2 級【1名】 電気工学科3年 1名

3 級【11 名】 機械工学科2年 1 名  電子工学科2年 2 名  工業技術系1年 8 名

4 級【 3 名】 工業技術系1年 3 名

【電気工学科 計算技術検定担当】


第30回 基礎製図検定の結果

平成29年9月15日(金)に全学科2・3年希望対象の検定試験が行われました。

電子機械工学科 8名

電気工学科   1名

電子工学科   2名

       計11名 合格しました。

【機械系基礎製図検定担当者】

第48回 機械製図検定の結果

第48回 機械製図検定の結果

平成29年6月30日(金)に全学科3年生希望対象の検定試験が行われました。


 機械工学科       1名

 電子機械工学科     2名

 電気工学科       1名

           計 4名 が合格しました。


平成29年度 第76回 計算技術検定 結果

■2017.07.07 金曜日

 計算技術検定は全国工業高等学校長協会か主催する検定試験です。この検定は工業系の計算をポケコンや関数電卓を使用して時間内にどれだけ正確に行えるかが試験されます。

 keisang.jpg


第76回 (6月実施分)

3 級【13 名】 電気工学科2年 7 名  電子機械工学科2年 1 名  電子工学科2年 5 名

4 級【 4 名】 電子工学科2年 1 名  工業技術系1年 3 名


【電気工学科 計算技術検定担当】


平成28年度 消防設備士 乙種7類 電気工学科 6名 合格

■2017.04.27 木曜日


 消防設備士 乙種7類は「漏電火災警報器」の整備ができる資格です。第2種電気工事士と合わせて取得することで作業範囲が広がり、メリットも大きくなります。


 ※ 第2種電気工事士免状を取得し、この資格にも挑戦したい生徒は学習用資料と問題資料を配布します。

   また、合格するためのポイントを教えますので担当者まで相談してください。


【 電気工学科 その他の資格担当 】


平成28年度 後期 国家技能検定 シーケンス制御作業 4名 合格

■2017.03.13 月曜日

 技能検定とは、仕事上必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。電気工学科2年生 4名が3級に合格し、技能士の仲間入りを果たしました。

PLC012.jpg

 技能検定制度ポータルサイト「技のとびら」(外部リンク)

【 電気工学科 その他の資格担当 】


平成28年度 ガス溶接技能講習 結果

平成28年度の結果

ガス溶接技能講習(第33回 集中講習・第9回 実習講習)の合格者93名に修了証を発行しました。


ガス溶接技能講習は、機械・電子機械工学科2年の授業中に実施している実習講習と、

全学科2・3年希望者対象の集中講習を実施しており、合格者に修了証を発行しています。

☆合格者

実習講習(機械・電子機械工学科2年)  71名

集中講習(2・3年生希望者)        22名

[機械系 ガス溶接担当者]


平成28年度 電気工事士試験 結果

■2017.01.17 火曜日


第一種電気工事士試験 合格者  5 名  ★ 第二種電気工事士試験 合格者  22名

第一種電気工事士はジュニアマイスター資格区分 A         第二種電気工事士は電気関係職種の登竜門的存在


 ※本校では電気工事士試験の受験を強制しておりません。学科を問わず受験者には放課後を使用して補習(筆記・実技)を実施しています。


【電気工学科 電気工事士担当】


平成28年度 第75回 計算技術検定 結果

■2016.12.09 金曜日

 計算技術検定は全国工業高等学校長協会か主催する検定試験です。この検定は工業系の計算をポケコンや関数電卓を使用して時間内にどれだけ正確に行えるかが試験されます。

 keisang.jpg


第75回 (11月実施分)

2 級【 3 名】 電気工学科2年 1 名  電子機械工学科2年 2 名

3 級【10 名】 電気工学科2年 4 名  電子機械工学科2年 4 名  電子工学科2年 2 名

4 級【85 名】 工業技術系1年 85 名


【電気工学科 計算技術検定担当】


第29回 基礎製図検定の結果

第29回 基礎製図検定の結果

平成28年9月16日(金)に全学科2・3年希望対象の検定試験が行われました。


 機械工学科       1名

 電子機械工学科     3名

 電気工学科       1名

           計 5名 が合格しました。


平成28年度 前期 国家技能検定 普通旋盤作業 2名 合格

■2016.08.26 金曜日

 技能検定とは、仕事上必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。電子機械科3年生の2名が3級に合格し、技能士の仲間入りを果たしました。

#

 機械加工職種 普通旋盤作業は普通旋盤を使用し、S45Cの材料に対して内外径削り及びテーパ削り等の切削加工を施し、はめ合わせのできる部品を2個を製作します。加工技術と作品の精度が試される試験です。 (作業時間:2時間30分



平成28年度 前期 国家技能検定 電気系保全作業 7名 合格

■2016.08.26 金曜日

 技能検定とは、仕事上必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。電気工学科3年生6名、電子機械工学科3年生1名の計7名が3級に合格し、技能士の仲間入りを果たしました。

#

 機械保全職種 電気系保全作業は制御回路の作成及びメンテナンスに関する技能が試されます。作業内容は指示された動作になるようにリレーとタイマーを用いて配線を行い、制御回路を完成させます。また、与えられた部品の点検及び回路の点検を行い不良部品を見つけると共に制御回路の不良個所を見つけ出して修復を行います。(作業時間:1時間50分)

【電気工学科 その他の資格担当】


平成28年度 低圧電気取扱特別教育 (電気工学科3年 55名 修了)

■2016.07.20 水曜日

 低圧電気取扱特別教育(低圧の充電電路の敷設等の業務に係る特別教育)は50V以上の活線(電気が活きている)状態における電気設備の施設若しくは修理の業務に従事する際に必要とされます。電気工学科では安全教育の一環として3年生の電気実習内に同内容を組み入れ実施しています。


H28E_teiatudenki.jpg

[ 労働安全衛生法の安全衛生特別教育規程に基づく実技教育 風景 ]


 ※電気工学科以外の電気関係職種に従事する可能性がある工業科の生徒については、3年次1月に実施する予定です。


【電気工学科 その他の資格担当】


平成28年度 第74回 計算技術検定 結果

■2016.07.07 木曜日

 計算技術検定は全国工業高等学校長協会か主催する検定試験です。この検定はポケコンや関数電卓を使用して工業系の計算を早く、正確に行えるかが試される試験となっています。


第74回 (6月実施分)

2級【3 名】 電気工学科3年 1名  電気工学科2年  2名

3級【7 名】 機械工学科2年 1名  電子機械工学科2年 1名  電気工学科2年 3名

       電子工学科2年 1名  電子機械工学科3年 1名


2級の科目合格保有者 【10名】 ・・・ 次回 完全合格をめざしてがんばろう!

※ 計算技術検定2級より各科目の合格は次回以降も有効となる制度があります。3科目共に合格した時点で検定合格となります。


【電気工学科 計算技術検定担当】


平成28年度 研削といしの取替え等の業務に係る特別教育講習会の結果

平成28年度の結果

6月25日(土)に全学科2・3年希望対象の講習会が行われました。


機械工学科     3名

電子機械工学科   19名

電気工学科     4名

          計26名が修了証を取得しました。

【機械系 研削といし担当】

第29回 基礎製図検定 ご案内

第29回 基礎製図検定 募集案内

実施日時:平成28年9月16日(金) 15:30~ 

試験会場:本校

申込み期間:6月24日(金) まで

【機械系 基礎製図担当】



平成28年度 ガス溶接技能講習会の案内

募集の案内

ガス溶接技能講習

ガス溶接技能講習は可燃性ガス及び酸素を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の業務を行う際に必要となる知識と技能を身に付け、安全に作業を行うための技能講習です。本校生徒2・3年生を対象に実施します。講習会に参加し合格した生徒には技能講習修了証を交付しています。


講習会の日程 7月21日(木)22日(金)23日(土)の3日間

申込み期間  6月20日(月)~27日(月)の平日で各日16:30まで

必要書類  ①本籍地(都道府県)の確認ができる書面(戸籍抄本等)

          ただし外国籍の場合は国籍を証明できる書面

        ②証明写真1枚(胸3分身、縦3.0cm、横2.5おm、無帽、3ヶ月以内に撮影したもの)

【機械系 ガス溶接担当】



平成28年度 小型フォークリフト特別教育

募集の案内

講習日:7月16日(土)・17日(日)

    予備日(7月30日(土)・31日(日))


講習場所:本校


申込期間:6月13日(月)~6月24日(金)まで


【機械系 小型フォークリフト担当】



研削といしの取替え等の業務に係る特別教育募集案内

2・3年生対象

今年度の研削といしの取替え等の業務に係る特別教育の講習会の案内


実施日 平成28年6月25日(土)

時 間 8時30分~16時の予定(集合時間8時30分時間厳守)

申込み 機械系職員室

   (受講申込書は機械系職員室に取りに来てください。

5/16(月)~5/20(金)での受付になります。)

受講料 3,000円(テキスト代含む)

定 員 先着40名(3年生優先)

会 場 星翔高等学校



平成28年度 小型車輌系建設機械特別教育

募集の案内


講習日:6月11日(土)・12日(日)

    予備日{6月18日(土)・19日(日) }


講習場所:本 校


申込期間:5月9日(月)~5月16日(月)まで


                                                  【機械系 小型建機担当】


平成27年度 後期 国家技能検定 シーケンス制御作業 12名 合格

■2016.03.11 金曜日

 技能検定とは、仕事上必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。電気工学科2年生 7名、電子機械工学科2年生 5名の 計12名が3級に合格し、技能士の仲間入りを果たしました。

2016-03-SKL.jpg

実技試験対策の補習風景


 電気機器組み立て職種 シーケンス制御作業はPLC(工業用の制御装置)を用いて制御回路の設計・プログラミング・デバッキングを行う技能が試されます。PLCのプログラムを作成し、ベルトコンベアを制御して仕様書に指示された動作を行わせます。


【 電気工学科 その他の資格担当 】


平成27年度 低圧電気取扱特別教育の結果

■2016.01.28 木曜日

 低圧電気取扱特別教育(低圧の充電電路の敷設等の業務に係る特別教育)は、50V~600Vの電圧を有する電気設備のうち、停電できない(電気がある状態を活線という)状態での敷設や修理を行う際に必要となる知識と技能を身に付け、安全に作業を行うための特別教育です。講習に参加し合格した生徒には特別教育修了証を交付しています。
※電気工事を行う際には電気工事士等の国家資格が別に必要です。

本年度の結果


電気工学科3年  54名  機械工学科3年  1名


計55名の生徒が資格取得しました。


★低圧電気取扱の必須アイテムを紹介

#


【電気工学科 その他の資格担当】



平成27年度 アーク溶接特別教育修了者の報告

平成27年度の結果

アーク溶接特別教育は、TIG溶接・半自動溶接・被覆アーク溶接等の、アーク溶接機を用いて行う金属の溶接・溶断の業務を行う際に必要となる知識と技能を身に着け、安全に作業を行うための特別教育です。講習会に参加し合格した生徒には特別教育修了証を交付しています。


機械系3年の授業中に実施している講習と、全学科2・3年希望者対象の集中講習の結果が出ましたので報告いたします。


3年1組(機械工学科)     33名

3年2組(電子機械工学科)  22名

集中講習(2・3年生希望者) 36名

                 計91名の生徒が資格取得しました。


【機械系 アーク溶接担当者】



平成27年度 電気工事士試験 結果

■2016.01.20 水曜日

平成27年度の結果


第一種電気工事士試験 合格者  2名   ★ 第二種電気工事士試験 合格者  20名


 電気工事士試験は筆記試験と実技試験があります。実技試験は筆記試験合格者のみに実施されます。

 本校では電気工事士試験の強制は行っていません。

 学科の枠を超えて希望者には筆記試験の補習、筆記合格者には実技試験の補習を行っています。

 毎年挑戦する生徒も増加し、成果を残してくれるようになりました。本当に喜ばしいことです。


#

【 二種下期+一種 実技試験対策補習の様子 】


【第二種電気工事士下期試験及び第一種電気工事士試験の結果(1月発表分)の詳細】

平成27年度 第一種電気工事士試験 の結果

   工業技術系1年 1名   電気工学科3年 1名


平成27年度 第二種電気工事士試験 下期の結果

   工業技術系1年 3名   電子機械工学科2年 1名   電気工学科2年 2名

   電気工学科3年 1名


【電気工学科 電気工事士担当】


平成27年度 計算技術検定 結果

■2015.12.07 月曜日

本年度の結果  3級合格者 15名  4級合格者 24名 でした。


  計算技術検定は全国工業高等学校長協会か主催する検定試験です。この検定はポケコンや関数電卓を

 使用して工業系の計算問題を早く、正確に行えるかが試される試験となっています。


【平成27年度実施分の合格者数】

第72回 (6月実施分)

3級【4名】 電子機械工学科2年 2名  電気工学科2年 2名

4級【13名】 工業技術系1年 8名  機械工学科2年 1名  電子工学科2年 4名


第73回 (11月実施分)

3級【11名】 工業技術系1年 7名  電子機械工学科2年 1名  電気工学科2年 3名

4級【11名】 工業技術系1年 11名

2級の科目合格となった生徒【7名】 工業技術系1年 7名


※ 計算技術検定2級より各科目の合格は次回以降も有効となる制度があります。3科目共に合格した時点で検定合格となります。


【電気工学科 計算技術検定担当】


第二種電気工事士 上期試験の結果が発表されました。

■2015.9.4 金曜日

第二種電気工事士免状は一般用電気工作物の工事に従事する際に必須の資格です。

また、電気関係職種の登竜門的な資格試験でもあります。


 平成27年度 上期の結果


電子機械工学科2年 3名   電気工学科2年 5名  電気工学科3年  5名


 の生徒が合格しました。下期試験を受験する生徒も電気工事士となれるよう頑張ってください。


#

【 実技試験対策 補習風景 】



【電気工学科 電気工事士担当】



平成27年度 前期 技能検定の結果が公表されました。

■2015.09.01 火曜日


 技能検定とは、仕事上必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。


技能検定 機械加工職種普通旋盤作業 機械保全職種電気系保全作業 結果


技能検定の作業試験内容を紹介

☆普通旋盤作業

#


#

普通旋盤(センタ間の最大距離が500~1500mmのもの)を使用し、φ60×115(φ25の穴のあいたもの)程度のS45Cの材料1個及びφ60×55程度のS45C材料1個に、
内外径削り及びテーパ削り等の切削加工を行い、はめ合わせのできる
部品を2個製作する。

作業時間:2時間30分


☆電気系保全作業


6755.jpg


6756.jpg


指示された動作になるよう試験用盤にリレーとタイマーを用いて、スイッチ2個およびランプ2個の配線を行い、回路を完成させる。また、上記の回路を用いて有接点シーケンス回路の変更を行う。
与えられた制御回路において部品の点検、回路の点検修復を行う。

作業時間:1時間50分


平成27年度 主な工業系の資格・検定一覧表

■2015.05.19 火曜日


平成27年度の工業系資格・検定一覧表を掲載いたします。


 平成27年度 主な工業系の資格・検定一覧 (PDF)



平成26年度工業科在校生 工業系資格取得者・検定試験合格者数

■2015.3.14の集計

◆国家資格

 第一種電気工事士(試験合格) 1名

 技能検定3級 機械加工職種 普通旋盤作業 2名

 技能検定3級 電気機器組立て職種 シーケンス制御作業 5名

 技能検定3級 機械保全職種 電気系保全作業 4名

 第二種電気工事士 19名

 乙種4類 危険物取扱者 5名

 丙種 危険物取扱者 22名

 DD3種 工事担任者 1名

 乙種7類 消防設備士 1名

 航空特殊無線技士 1名


●労働安全衛生法に基づく資格

 ガス溶接技能講習修了証 108名

 アーク溶接技能講習修了証 83名

 研削といし特別教育修了証 42名

 低圧電気取扱特別教育修了証 58名

 小型フォークリフト特別教育修了証 63名

 小型車両系建設機械特別教育修了証 56名


○検定試験

 4級 ラジオ音響技能検定 3名

 4級 ディジタル技術検定 24名

 2級 計算技術検定 1名

 3級 計算技術検定 10名

 4級 計算技術検定 18名

 基礎製図検定 15名

 2級 日本語ワープロ検定 1名

 準2級 日本語ワープロ検定 4名

 3級 日本語ワープロ検定 15名

 4級 日本語ワープロ検定 15名


※ 過去の上位取得者の記録は 【星翔マイスター顕彰制度 】 のページをご覧ください。